A.A.A. BLOG
アーキテクチャ アンド アレコレ
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  437

建築家協会の「近未来研究特別委員」を拝命いたしました

JIA(日本建築家協会)本部より委嘱された「近未来研究特別委員会」は
3/30にキックオフミーティングを経て、本日が正規の第一回となりました。

近未来研究特別委員会発足の記者会見

全国の様々な属性の若手建築家16名で根本的な議論を行っていきますが、
もちろん建築家協会存続などという小さな話が目標ではなく、
10年20年後の建築家という職能のあり方自体を考えていきます。


スポンサーサイト
別窓 |   建築家協会・建築学会・建築士会関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  436

同世代建築家でフットサル@外苑

恒例の建築家フットサル、今回は15名いたので
きちんと3チームでゲームを回せました。

フットサル180422

その後、食事しながらもちろん建築談義もするんですが、
ここは議論メインじゃなくて運動メインなところがいいです。

せっかくの日曜日なんですから時々体を動かして、
自分自身も健全な肉体と精神を今後も保ちながら、
クライアントに健全な空間を提供していきたいものです。

別窓 |   サッカーから、雑感 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  435

日経アーキテクチュアに「本牧の住宅」掲載!

日経アーキテクチュア4月12日号に、弊社設計「本牧の住宅」が掲載されてます。
子どものプライバシーを長く保てる下宿的構成をもち、
基礎を活用し崖地に張り出した、明るい回遊型眺望住宅です。

日経アーキテクチュア2018年4月12日号

●書籍版日経アーキテクチュアは→こちら
●WEB版日経TECHは→こちら(会員登録要)
●弊社HPでも写真と解説をアップしています。→<本牧の住宅>

是非ご覧下さい!‬
日経アーキテクチュアに「本牧の住宅」掲載!…の続きを読む
別窓 |   竣工プロジェクトより | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  434

北関東学生設計コンクールの審査員@群馬

金土はJIA北関東甲信越学生設計コンクールの審査に出張。
審査員長の千葉学さんは学生〜所員時代にも東大で助手をされて親しみはあれど、
聴講は初めてだったので、今回は審査する側の自分も楽しみでした。
学生コンクール 一次審査 学生コンクール 二次審査
審査員長から表彰式 支部長代理から表彰式

受賞学生さんたちと集合写真

「建築家は建築を作るべき。やめずに続けて欲しい」とのメッセージ含め、
王道・正統派な内容に、学生も我々も勇気づけられました。

前後に群馬の最新建築も見学できた充実の出張でした。
太田市民会館2017 太田市美術館・図書館2017
群馬県農業技術センター 2013 共愛学園前橋国際大学4号館 2012 アーツ前橋 2013
上州富岡駅 2014 富岡新市庁舎2017

別窓 |   建築設計の教育現場 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  433

埼玉遠足(という名の建築見学)

今年の3.11は国立劇場をスタートに、東松山農産物直売所、eコラボつるがしま、
鶴ヶ島中央交流センター内覧会と、西埼玉を巡った一日。

東松山農産物直売所 解説する馬場さん
eコラボつるがしま 鶴ヶ島中央交流センター

東松山では偶然設計者馬場さんの説明会が行われており、裏方や屋上も拝見。
eコラボでは事務員さん、内覧会ではRFAスタッフ+藤村さんにそれぞれ裏話も伺え、
ローコスト・半公共・架構の前景という粗い類似性を、目と耳により精緻に個々に分類でき、
最後に自分の現場の解体確認に行く頃には熱い創作意欲に包まれていました。

ところで道中は(直売所の屋根上も含め)抱っこ紐か手を繋いでの妻子連れで、
家族向けタイトルは「埼玉遠足」(笑)
誘い文句は「美味くて安い野菜!」とか、「太陽光で動く電車!」とかで、
解体現場近くの百貨店で妻希望の子供用雨具も購入出来た、
ちゃんと家族の日でもありました。

先々の皆様には2つの意味で改めて感謝!

別窓 |   旅先の建築・史跡から | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  432

A-Forum にて「公共建築の設計者選定問題」

先日、駿河台のA-forumにて、布野修司先生がコーディネーターを務める
「アーキテクト/ビルダー(建築の設計と生産)研究会(以下AB研究会)」に参加し、
先日自分でも痛い目を見た「公共建築の設計者選定問題」について議論してきました。

AB研究会の先生方

石原健也氏の守山中学校コンペの経緯や実施、竣工までの苦労の話に始まり、
プロポ主催の経験者である前長岡市長、森民夫氏の成功例のコメント、そして
齋藤公男氏、安藤正雄氏、深尾精一氏、宇野求氏、村上晶子氏、廣田直行氏
新井久敏らに続き、若手を代表して私も、
今取り組んでいること、AB研究会に期待したいことを少し発言しました。

JIAとは違う位置から、すなわち全国の自治体の側からも、よりよい公共建築の
選ばれ方、作られ方が拡がっていくように、互いに協力していきたいものです。

当日のまとめはこちら

別窓 |   建築家協会・建築学会・建築士会関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  431

高待遇で中途採用者募集!

かなりの高待遇(当社比・業界比)でスタッフ募集中です!
転職をお考えのご経験者は是非ご検討下さい!

(新卒、実務2年未満の方についても、是非ご相談ください。BIMやれます)

▷待遇と募集要項

採用者が決まり次第、締め切らせて頂きます。
ご応募、お待ちしております!


高待遇で中途採用者募集!…の続きを読む
別窓 |   お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  430

公共プロポーザル、またも二次で敗退・・

地元区で個人的関りも深い施設も含む児童複合建築の設計だったので、
時間を割いてプロポーザルに参加、計画書を提出し、二次審査にも進みました。
年末年始も準備して臨み、自信に満ちてプレゼンしましたが、またも敗れました。
選定結果の公表2
敗退自体は、組織力や実績量も含めてなので仕方ないかもしれませんが、
同一案件の前回の“策定業務”プロポも、今回の“設計業務”プロポも、
なんと同じ最優秀者、次点者の組み合わせだったことは、やはり疑問です。

「策定業務」には基本設計の募集要項や条件をまとめる業務も含むので、
その受託会社が基本設計のプロポーザルにも参加できるのならば、
・準備できる時間の長さ、・有している情報の多さ、・担当部局との関係の近さ、
等で、他の応募者と大きな条件の開きができ、著しく公平性を欠くからです。
(よって一般的には策定業者は設計プロポに参加出来ません)
当然「策定業務に参加したら設計業務には参加できない」と考え、
事前の策定業務はパスして、本戦(設計プロポ)のみに臨んだのですが。。。

後日、コンペ・プロポに何度も関わった複数の行政関係者や、
審査員を何度もご経験された複数の先生方に話を聞いても、
「そういう真似は、仮に違法でなくとも、しないのが常識」とのことでした。

我々自身も提案内容は反省し、今後もさらに精進をするのは当然として、
発注者・自治体に至近の類似案件で、今すぐ希望したい要点は二つ。
①スケジュール担保のために策定業務と設計業務を一括させたいなら、
 最初からそう明記し、その手続きをとること。
②別々にプロポを開催すべき建前があるなら、最初の要項で
 「策定業務者も設計プロポに参加できる」可能性を明記すること。
…①か②ならば、最初から出すかどうかも含め、参加者も判断できます。

昨今の専門家不足、煩雑な手続きの増加、スケジュールの厳守など、
役所には役所の事情があることを理解しています。
だから外からも助けたい。民間の専門家にも手伝えることがある。

けれど骨を折る僕らにも、納得のいく骨の折り方があります。
そして何より、それを税金で買い取る住民・利用者にとって、
本当にいい公共建築が出来るような仕組みが大事です。
建築は高い買物ですからね。安く線を引ける奴が創るものではない。

こうしたことから、住民に対して最適な成果に達しうる公正な、
かつ行政の負担も増えないような、設計者選定方法については、
幹事を務める建築家協会や建築士会など職能団体から
今後も行政へ働きかけ、協調の進言を続けていきます。

別窓 |   所長のひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  429

japan-architectsに「本牧の住宅」が掲載

01全景俯瞰 09リビングダイニングと小上がり

年末お引渡しした「本牧の住宅」をjapan-architectsさんに取り上げてもらいました。
「本牧の住宅」

行き止まりのない回遊的な屋外と、崖に突き出し眺望を取り込む室内が特徴です。
(内覧会時点につき、TVやメーターカバーなど未施工ですが)是非ご覧ください。
別窓 |   竣工プロジェクトより | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  428

謹賀新年

福島の保育園3

あけましておめでとうございます。

元日の次女の高熱を長女が受け取る風邪駅伝で、三ヶ日は潰れました。まあ双子あるあるです。

事務所は昨年末に正式発注された福島の保育園を含め、大きめPJも幾つか本格始動しますが、職員一同、力を合わせて走りぬこうと思います。

今年もよろしくお願いいたします。
別窓 |   お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| A.A.A. BLOG | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。