A.A.A. BLOG
アーキテクチャ アンド アレコレ
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  420

GOOD DESIGN 賞 受賞!

あまねの杜保育園が、赤いGマークでおなじみの
「グッドデザイン賞」を受賞しました!

グッドデザイン賞2017
グッドデザイン賞

11/1(水)~11/5(日)に、六本木の東京ミッドタウンにて
グッドデザイン賞受賞展」も行われる予定です。

建築はパネル展示ですが、お近くの方はお立ち寄り下さい。

スポンサーサイト
別窓 |   お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  419

キッズデザイン賞 受賞!

昨年の「永福小プロジェクト」に引き続き、
今年は「あまねの杜保育園」がキッズデザイン賞を受賞しました。

2017キッズデザイン賞

昨年の永福小プロジェクトは、関わり方のデザインとして、
「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門」で受賞し、
保育園は、建築でありながらこどもの空間の設計ですので、
「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」として、
評価いただけたようです。

子どもの環境に関わっていきたいパパデザイナーとしては
ありがたい限りです。
別窓 |   お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  416

JIA とくしま大会に参加

28,29,30と、建築家協会(JIA)のとくしま大会に参加してきました。
全国大会へは初参加になりますが、関東甲信越支部の常任幹事として、
また来年の東京大会の実行委員として、下見をしておく必要がありました。

四国らしいメインテーマ、「建築家と土着」を縦軸に、
防災・環境・AIなど今日的なサブテーマを横に引き、
シンポジウムや展示、セッションを通じて
建築のあり方・建築家の関わり方などが論じられました。
大ホールでの記念式典 中ホールでのシンポジウム

企画の組まれ方や大会運営の状況などはもちろん把握しましたが、
個人的に参加前より楽しみにし、また実際に理解が深まったのは、
昨今、全国で流行しているリノベーションやシェアリングのさきがけ、
かつ、地方の町村部への移住や町おこしの成功例として知られる、
神山町や佐那河内村の関係者、当事者によるレポートやシンポと
彼らの引率してくれる、エクスカーションでした。
えんがわオフィス WEEK神山

そこで聞いた移住者・運営者の動機に共通するのは、経済的根拠でした。
「リノベやシェアで町おこし」とは、自治体や企画者の掲げる“目的”ですが、
当事者にとってそれは“結果”、副産物に過ぎないという厳然たる事実です。

彼らは、神山町には無料で享受できる無線環境が整っていた情報を得ていたり、
事前に成立しているコンビニ商圏を把握したりした上で、戦略的に決断しており、
都心の学生や建築家の「地方再生を建築で仕掛けよう」という短絡的な発想は
それだけで成立するほど甘くない、というごく当たり前の事実を確認できました。

もともと「本質」にしか興味のない僕には、「流行」に乗る考えは全くないですが、
地方の市部・郊外に3日も滞在しただけの価値は十分あったと思います。








別窓 |   建築家協会・建築学会・建築士会関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  418

K-DESIGN AWARD ダブル受賞!

韓国のデザイン賞、「K-DESIGN AWARD」にて、
「あまねの杜保育園」がGOLD WINNERに、
「慶雲ビル」がWINNERに、それぞれ選ばれました。

K-design01.jpg

K-design02.jpg

改めて、励みにしたいと思います。

別窓 |   お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  415

UIA(国際建築家連合)ソウル大会で授賞式に参加!

6日は訪韓の主目的である、UIA(国際建築家連合)ソウル大会に参加し、
英語でのプレゼンテーションを行った後、表彰式にも出席しました。

表彰式1 表彰式2
僕が受賞したのは"Friendly and Inclusive Spaces Awards"ですが、
トリはもちろん、金賞を受賞された伊東豊雄さんです。

会場風景 伊東豊雄さん

UIA SEOUL
UIA公式記録ページより
"Friendly and Inclusive Spaces Awards"
JIA 報告ページ

次のUIA大会は3年後、リオデジャネイロです。

別窓 |   お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  414

韓国スウォンでWA-CUP!

韓国の水原(スウォン)でWA-CUP(建築家のサッカー大会)に
及ばずながら日の丸背負って出場しました。
スウォン・ワールドカップスタジアム 日本代表の面々



日、中、韓、タイ、マレーシアらの建築家チームと対戦、
水原市長まで来てホテルで表彰式も行いました。

日韓戦2017 トロフィー

日本は得失点差で決勝に進めず、負け無しながら三位。
ちなみに一位は韓国Aチーム、二位は韓国Bチーム。
(だってホームの韓国は4チーム参加ですから。。笑)
でも、緊張感を持ちつつ、ラフプレーもダーティプレーもなく、
ゲーム内外を通じ、とても楽しく交流することが出来ました!
紳士同士のサッカーはやっぱり楽しいね☆

別窓 |   サッカーから、雑感 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  417

「RTF Awards 2017 Institutional 最優秀賞」 受賞!

「あまねの杜保育園」が、「RTF Awards 2017 Institutional」
最優秀賞を受賞しました!

RTF2017.jpg

昨年も、「慶雲ビル」がoffice building部門
最優秀賞を頂きましたので、同賞は二年連続になります。
(RTFとは、Rethinking The Future の略です。)

関係者の皆様、ありがとうございました!
別窓 |   お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  400

【スタッフ追加募集!!】

あまねの杜保育園_俯瞰 keiun01.jpg
藤沢の住宅 BLOCKS

■2017~2018年度 新規スタッフ追加募集のお知らせ

新規プロジェクトの追加受注に伴い、改めてスタッフを追加募集します。

相坂研介設計アトリエは、東京都千代田区、皇居そばの建築設計事務所です。
保育園や商業ビル、集合住宅や個人住宅、家具まで設計する都心の事務所です。

小さなプロダクト製作や、大きな公共施設コンペへの参加も定期的に行いつつ、
メインは建主様からの直接ご発注業務にて、安定的な経営を14年続けています。

また相坂自身、幼い娘達の育児を行っており、子持ちのスタッフもいるため、
今後の志向として、保育園~学校など子どもの環境づくりに意欲があります。
2016年度 こども環境学会デザイン賞
RTF Awards 2017 最優秀賞
・・・ほか多数受賞
兵庫県加古川市東神吉こども園プロポーザル:次点

この度、現在のご経験に応じて力を貸して下さるスタッフを募集いたします。
※もちろん、実務・資格保持者は給与面で優遇します。

■プロジェクト(2017.08 現在)
・全体が遊具のような保育園(東北某県)
・育児支援複合施設(東京西部)
・民泊対応集合住宅(東京東部)
・絵画を抽象化したビル(東京中心)
・崖地の回遊型眺望住宅(南関東)
・多機能防災防犯住宅(東京区部)
・運動施設付き開放住宅(北関東)
・その他、コンペ、プロポへの参加


■報酬・待遇:
・30万円/月~15万円/月(実務能力・経験年数・資格有無による)
(査定期間2ヶ月は10万円/月とさせて頂きます。交通費別途)

■勤務時間:
・月曜~金曜 10:00~19:00 (うち昼休み1時間)
・土日とも原則休み。盆・暮れ休み。有給休暇も随時相談。
・“育児等との両立で曜日や時間を選びたい”なども応相談。

■必須条件:
・建築系学科の大学院か大学を卒業された方
・ArchiCAD、JW-CAD、VectorWorksのどれか使用可能
・Photoshop・Illustrator等でのレタッチが多少は可能

■優遇条件:(それぞれ採否・給与に十分加味させて頂きます。)
◎工事監理経験(施工図・製作図チェックなど)
◎実施設計経験(詳細図作成・確認申請など)
◎BIMでの実務作業実績(ArchiCADなど)
○3Dモデリング~レンダリング技術(Rhinocerosなど)
○正確で迅速な模型制作技術
△手書きの絵やスケッチ、ダイアグラムが得意な方
△PCやネットワーク環境に詳しい方

【応募方法】
・履歴書…動機・顔写真・使用可能ソフト・連絡先含む
・ポートフォリオ…図面やパース等をレイアウトしたもの
上記2つを、PDF形式のメール送信で送って下さい。
面接に来て頂きたい方に到着一週間以内に返信します。
・締切 : 2017年10月10日(火)

【送付先】
・メール: mail@aisaka.info

別窓 |   お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  413

旧友を訪ねて

月曜は福島に仕事で出張だったので、
帰りに(学科在学中に亡くなった)旧友に会って来ました。

「来るときは連絡を」と言われてたご両親にもお会いでき、
新幹線発車までの僅かな間、子どもや所員が増えた話などを、
まるで実家に帰った息子のように伝えただけですが、
やはりお互い目頭を熱くしてしまいました。

「僕らが頑張らねば、したくても出来ないアイツにすまない」
という彼の存在は修行時代から大きな励みでしたから、
彼の故郷での仕事も含め、今後も笑われぬよう努めたいと思います。

旧友の墓 福島の桃

土産は妻に頼まれた桃「あかつき」。娘らと美味しく食べました(^^)

別窓 |   徒然なる常々 (未分類) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  412

東洋大学3年生 公開講評会

川越の街の中に滞在施設や居住施設を考える3年生の設計課題。
今年もその講評会を、中心地区の蓮馨寺で行いました。

金賞 銀賞

どの発表者も、課題目標をよく理解した上で自分の案を展開していましたが、 
多少「川越らしさ」なるイメージに配慮し過ぎて、画一化した印象も残りました。
さりとて継承と刷新の塩梅は、実務者とてなかなか難しいものですからね。

銅賞 ピッチャーのラムネ

最後の写真は、打ち上げの席で下戸の僕に配慮してくれたラムネ。
ただしピッチャーで注文するのは、まさしく配慮し過ぎです。。


別窓 |   建築設計の教育現場 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| A.A.A. BLOG | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。