FC2ブログ
A.A.A. BLOG
アーキテクチャ アンド アレコレ
No  469

第15 AB(アーキテクト/ビルダー「建築の設計と生産」)研究会 登壇

第15 AB(アーキテクト/ビルダー「建築の設計と生産」)研究会の、「建築家の選任と発注者の責任(2)-建築デザインをめぐる英国の動向と設計者選定事例-」に、ゲストコメンテーターとして参加してきました。2月、フランスの事例について成瀬弘さんにお話を聞いた続編として、ホプキンス・アーキテクツの南雲要輔さんに今度はイギリスの事例についてお話を伺いました。先進的とされるフランスのコンペ制度やイギリスの審査の仕組みにも欠点はあれど、やはりまだまだ参照すべき要素が多く、いかにそれらを現在の日本に応用し、フィットさせていくかが今後の課題となりそうです。

58375458_2440746792672165_2919845246017732608_o.jpg 57441756_2440747319338779_2685316692803846144_o.jpg


スポンサーサイト



別窓 |   展覧会・講演会・勉強会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  466

「建築の公共性」シンポジウム

28日は建築の公共性 シンポを賛同者の一人として前列で拝聴してきました。「公/共とは」「公共性とは」「公共建築とは」「公共建築の建てられ方とは」…とパネラーの専門・関心に応じ幾つかのテーマが併存しましたが、WGのキックオフ、目次として理解しました。
個人的には会場からの質疑で、現役の某市長による「建築の専門家しかも第三者性を市民に説明できる建築家団体などによる発注以前からの支援を是非求めたいのですが…」という生の意見が聞けたことが収穫。
職能団体を通じた発注者支援は、山本理顕さんらが重視する設計者自身の住民との協働(後半)だけでは達し得ない“前半”の死角を埋める上でも有効な具体策だと考えてきたが、行政側も望んでいる事実を改めて確信しました。
この部分を担う職能団体として、今の日本ではJIAの活用が最も適切だと僕は考えていますが、その理由は、後に工事入札を控える施工会社の所属建築士を含まない専業建築士のみの団体のため、構造的にも行政の求める「第三者性」を最も説明しやすいからです。

0330-01.jpg


別窓 |   展覧会・講演会・勉強会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  465

みなもブロック 第2回ワークショップ

3月23日は「みなもブロック(※)」を用いたイベント第二弾として紙芝居が予定され、我々からはそれに合わせた舞台背景の組み方を提示しました。

0323-03.jpg 0323-01.jpg

今回は紙芝居師さんが、舞台を組み立てるところから子どもたちの興味を引き付けたり、演技の小道具的にブロックを取り入れてくれたり、流石プロのパフォーマーという盛り上げ方で、子どもへの教育的な相乗効果もさらに高かったと感じました。
紙芝居師さんのコメントなど

次のイベントは夏を予定しています。
別窓 |   展覧会・講演会・勉強会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  447

アーキテクト・ビルダー研究会にて発表

12AB研究会 第12回AB研究会

9月29日、布野修司先生・安藤正雄先生・斎藤公男先生が主宰する‟A-forum”の「アーキテクト/ビルダー(建築の設計と生産)研究会」で、『発注者支援の必要性と実践』と題し、自治体の現況や最新の調査結果を踏まえつつ、「何を誰がどのようにしたらよいか」、自分の考えを述べさせて頂きました。

大井町のトイレもこれからが本番ですが、頂きました様々な助言を参考に、支援者も設計者も、次に繋がる良い実例を作りたいと思います。

引き続き応援よろしくお願いいたします!
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.713957072304499&type=1&l=4fefe7c451
別窓 |   展覧会・講演会・勉強会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  423

師匠の展覧会に行ってきました。

安藤事務所元後輩の上京に合わせ、OB数組家族連れでようやく六本木の新国立美術館へ。
教え子やスタッフや施工会社の方々にはとにかく全員早く見に行くよう言ってたので、僕が最も遅いくらい。
安藤展2

だけど今日は未だ現役スタッフの後輩とも偶然再会して話も出来たし、
何より娘らに師匠の空間の一部を体験させられたことは感慨深いです。
安藤展 安藤展1

建築の関係者や学生には、自然と建築が対峙する境界を縫って歩ける広々とした近畿以西の、林間や海浜の実空間でも味わってもらいたいけど、建築無関係な人も、本展には是非足を運んで欲しいと思います。(〜12/18まで)

「安藤忠雄展-挑戦-」
http://www.tadao-ando.com/exhibition2017/
別窓 |   展覧会・講演会・勉強会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| A.A.A. BLOG | NEXT