FC2ブログ
A.A.A. BLOG
アーキテクチャ アンド アレコレ
No  92

A-CUP 初参加

    

建築デザインに関るサッカー好き達によって毎年一度開かれる、
「A-CUP」っていう大会に参加するため、銚子まで行って来ました。
http://www.a-cup.jp/

一泊二日、初日晩は建築のシンポジウム、2日目がトーナメント戦。
僕の母校OBチームは無く、東京藝大チーム(上野ブルーシーツ)から
上野・根津繋がりということで参加させて頂きました。
(>PENさん 有難うございました。)

参加チームは32チームで、総数700人。。
現役大学生チームや大手企業チームにはかなわず、結果は初戦敗退。
しかしながら敗者同士の泥ゲームを4,5本散々楽しんで、満足☆です。

結果:対鹿島テントラーズ(鹿島建設):0-1(トーナメント初戦)
   対クルゼイエロ(手塚建築研究所):3-1(?以下泥ゲーム)
   対RC世田谷(国士舘大学建築学科):2-2(PK勝ち)
   対青山ユナイテッド(伊東豊雄建築設計事務所/telescoweb):2-2
   対F.C.A.(studio KOZ+傭兵軍団):2-4

ちなみにトーナメント優勝は、レアル・間取り・どう?(大阪芸大)でした。
うちの建築学科OBにも、声かけたら集まるかな?

スポンサーサイト



別窓 |   サッカーから、雑感 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  93

正しくて強いこと

無関係だが先日、六本木で社長を続けるある方に言われました。

「生き抜く強さと引き換えに、開き直って汚さを含み持つヤツが大多数。
それで諦めて細々生きてる、正しいけど弱いヤツが同じくらい多数。
(弱くて汚い奴(犯罪者とか)はここでは無視するとして、)
前者は綺麗でいるのをサッサと諦めたんだから、結局無能と弱さの証明。
後者も弱いから、いつ「家族守るため」とか言い訳して寝返るか分からない。
正しくて強いヤツは1~2%くらいだ。君もそれになれ。」って。

無論。望むところ。(パーセンテージがどうかは僕は分かりませんが。)

別窓 |   所長のひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  94

小次郎一人旅 「レッドカード」編

    

9月の、「小次郎一人旅(自暴自棄編)」でも書いてた気分
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=217266584&owner_id=993148
を、機械には上から見抜かれてたらしく、その件で高崎の交通○○へ。
『152-100=52、52≧50、∴一発レッド』、との解説を受けました。
車乗れない期間はまだだし、転んでもただでは起きたくない小次郎は、
この忙しいのに群馬に来た理由を他に求めるべく、足を伸ばすのでした。

<ぐんま昆虫の森(設計:安藤忠雄)>

昆虫観察館(左)と、虫探しの出来る広いフィールドのランドスケープ。
http://www.giw.pref.gunma.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=1077

事務所3年目から(虫嫌いなのに)2nd担当だったけど、計画が長引き工事は辞めた後。
とにかく敷地が広く、模型はずっと1/1000で作ってました。
(プラ板を熱した鍋の底で曲げたりしてたのが懐かしいです。)

虫を見に来る施設で、蝶々を声を上げて必死によけてる奴なんて僕だけ。
(真ん中は日記用に遠くからズーム最大で撮った、僕的には限界の一枚)
まあそもそも、一人で来るところじゃないよな…(子持ちの方には最適。)

<富弘美術館(設計:ヨコミゾマコト)>

事故で四肢に障害を持ちながら、素朴で美しい静物画と詩を描く、
星野富弘さんの作品が展示された、湖畔の美術館。
建物は四角い箱に大小のわっかを隣り合わせに詰めた構成で、
国際設計コンペで最優秀となったプラン。
http://www.tomihiro.jp/info/index02.htm

抽象的なプランながら、未だに良さがわからないSANAAとかの建築の扱いに比べ、
ヨコミゾ氏のこの施設はよっぽどプログラムに真摯に感じ、展示物とのスケールバランスや
プランもマッチしてたし、すごく納得しました。(円の連続が住宅に合うかどうかは別ですが。)

まあ展示作品も景色(右)もとっても綺麗なので、皆様も是非☆


別窓 |   旅先の建築・史跡から | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  95

対戦結果報告

  

せっかくの対外試合に集まったのは女性メンバー入れて13人(汗)
途中でベニさん帰って、プレーヤーはギリ11人。

我が黄金の中盤(?)が4人ともいないせいもあってか、結果は2-5で負け。

でも個人的には、持ち上がってヤッキーにエンジェルラストパスした
1アシストと、自ら抜いた1得点で、得点両方に絡んだので充実かな?

写真左…(2点目の様子)最終ライン抜いて、
写真無…GK頭越えのシュート(決定的な写真がない…)
写真右…ヨッシャー☆(ネットに刺さってるボールに注目!)

気分よく夕方から打合せに行ってきました☆

別窓 |   サッカーから、雑感 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  96

青い直線定規



まっ白な潔さと
まっ赤な情熱だけ胸に、
黄色い声援があってもなくても
青い季節のまま歳をとり、
緑の風の中で一生を終えたい。
金なんかのために
黒い肩持たされてたまるか。

俺の道を汚されてたまるか!

大事な色を忘れてた。
そして“恋は水色”でいきたいなぁ。

別窓 |   徒然なる常々 (未分類) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  97

卒業10年会

    

土曜日に母校建築学科の、卒業10年会なるものがありました。
「卒業10年経った僕らが恩師をもてなす」という建前の、要は同窓会です。

キャンパスは独立行政法人化に伴い、SUBWAYやスタバも入ってて、
同窓会会場に選んだのもキャンパス内に出来た、日比谷松本楼の支店。
便利にはなってたけど、あの湿った地面や埃臭い匂いはそのままで、
そこにいたらいつまででも時間が止まりそうでした。
皆も全然変わってなかったなー。(一部の若干のビジュアルを除く。。)
松○ラ(助)教授たちとは3時まで飲んでしまいました。

ちなみに実は僕も幹事の一人。大学に残って助手を務める発起人たちが
4月に僕も巻き込んだ理由は、「元気そうだから。」だったそうで。。。

あー元気さ。「青春とは人生のある期間ではなく心の持ち方をいう」のさ。
(by サミュエル・ウルマン) 
胸が膨らんで、しぼんで、また膨らんで…
それを青春というなら、確かに僕はまだそのさなかにいて…

別窓 |   徒然なる常々 (未分類) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| A.A.A. BLOG |