FC2ブログ
A.A.A. BLOG
アーキテクチャ アンド アレコレ
No  21

設計監理者の服装 (一例)

断面模型  実物

暑いですねぇ…
そんな中でも現場では、止まることなく作業を進めてくれています。

上は、監督・大工さんたちと打合せるため、着工前に作った大きい模型。
パカッと割れて、あちこち納まりの難しそうなところを事前に話し合います。
下はそういう打合せを経て出来つつある、現場の様子です。

  :

ところで職人さんは、もちろん冷房などない未完の建物の中で頑張っています。
また、現場は汗と土と木くずの中での作業です。
なので、設計監理者も、現場で打ち合わせる際、むやみに暑がらないよう、
かつ服の汚れなど気にしないよう、(とは言えあまりにふざけて見えぬ程度の)
涼しくて汚れてもいい格好で行き、職人さん同様に足場を上り下りしています。

ただ、現場の前後にお施主さんと会う予定があると、ちょっと頭を使います。
現場において「暑くなく」「汚れても良く」「現場がヒくような綺麗さじゃなく」、
かつ、お施主さんが見ても「上品で」「清潔で」「センス良く」「無礼でなく」、
かつ、どの方に対しても、原則的に前回会った時と服がかぶらないように。
(その前後に、さらに授業やサッカーやお出かけがあると、もっと複雑です。。)

着ていく服を選ぶ面倒は、年中スーツの方の辛さとは別の悩みである一方、
幾つもの制約を逆に手がかりに、唯一の答えに絞っていく設計監理にも似て、
訓練のようでなかなか楽しいものです。と、少なくとも僕は考えております。
(…なんてことばかり考えてる訳じゃないですけどね。”f(^^;))

スポンサーサイト



別窓 |   進行プロジェクトより | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| A.A.A. BLOG |