FC2ブログ
A.A.A. BLOG
アーキテクチャ アンド アレコレ
No  349

小さなホラッチョ

小さなズルや嘘や虚飾を、
たとえそれを犯した当人とそれに気づいた僕の2人しか知らなくとも、
たとえ不正した者より指摘する者が煙たがられる環境下で
その場は僕が飲み込んだとしても、
「僕の記憶」だけは以降決して許してはくれないし、
何度も重ねられればその人間の僕の中での位置付けは定着する。
残念だがこれは仕方ない。

僕の半生でも時々出会う"小さなホラッチョ"に共通する特徴は、
「このくらいはバレない」と人の感度・感性を軽視しちゃう浅薄さ。
逆に必要以上に親切だったり周囲にサービスしたりするけど、
それだけじゃ人心は取り込めないことも同じく知らないよう。
深い人付き合いをしてこなかったのかな。

スポンサーサイト



別窓 |   徒然なる常々 (未分類) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| A.A.A. BLOG |