FC2ブログ
A.A.A. BLOG
アーキテクチャ アンド アレコレ
No  102

小次郎一人旅 「地傍事起」編

    

このイベントは、田舎の田畑や空家や廃校で東京や海外のアーティストが
地元の人々の協力を得て作った作品群を見て回る、現代美術の国際展。
もう3回目で、既にある130作品に加え、40ヵ国から200組が出展してる。

地元のお年寄りは、何でこんな田舎に芸術や作家が来るのか分からず、
作家や観客は、訳の分かんない土地に何かあるらしいと思ってやってくる。
「異文化」「多文化」交流とか言うのがバカらしい程「異」や「多」ばかり。。

…って関係者の文章読んだけど、これで結構町おこしとして成功してる。
現に僕も引き寄せられたし、今度は誰か連れてこようなんて思ってるもん。
ちょうど木曜に、世田谷区のまちづくり担当の方にインタビューされたとき、
「まちづくりや街おこしって、都市計画やハコモノの集客なんかより先に、
住民が街を愛すことと、街が愛されるようなソフトを考えることが大事で、
次にそれを最低支える建築やインフラのハードを考えたら最も効果的では」とか、
(学生に出した下北沢再開発の設計課題見せつつ)話したんだけど、
まさにここは、とっくにそれが実践されてる好例でした。

しかも核となるものがアートってとこがいい。「アート」とかって言うと引く人
いるけど、要は「汗水流して、メッセージ込めて、懸命につくること」だもの。
こんなに健康で知的で生産的な行いはない。地元の人も必ず共感できる。

副題は読んで字の如く、「地面の傍らで事を起こす」って大事だなあと。。

(左)…場所はこういうところです。空気ウマー!
(中)…天井に貼られた地域の四季が写るテーブル
(右)…机も椅子も(地球儀も)黒板と化した教室

その他もっともっと一杯!
スポンサーサイト




別窓 |   旅先の建築・史跡から | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<小次郎一人旅 「時忘慈喜」編 | A.A.A. BLOG | 小次郎一人旅 「自暴自棄」編>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| A.A.A. BLOG |