FC2ブログ
A.A.A. BLOG
アーキテクチャ アンド アレコレ
No  104

建築パース見本

    

今、設計のコンペをやっています。合間にサッカー行ったけど、
広い府中でハットトリック出来たので満足して、帰ってから今まで仕事。

で、弟子と建築やってる後輩に伝達事項。

これ↓の予告編を見てください。(DLも出来ます。)
http://5cm.yahoo.co.jp/index.html

僕はアニオタではありません。ましてこの監督さんも知りません。
日常の風景をよーく見れば、こういう絵が描けるという例です。

・季節による光の強さ、それによる影の出来方と重なり
・距離の遠近や天気による、輪郭線の強弱
・透視図法の収束し具合(広角ぎみか望遠ぎみか)
・素材の艶の程度による、表面の反射具合
・表したいテーマに応じた、視点とアングルの位置
・画中人物の行為や感情を表す、手足の位置
・朝・夕で違う空のグラデーションの構成色と順番
などなど…

安藤事務所でプロポーザルやるとき、「風景」じゃなくて「情景」を表そうと、
僕は何枚も小さいコマパース描くのが楽しくて仕方なかった(笑)けど、
今の若い子みたいにCGに頼り切ってちゃ、こういう絵は描けません。

情景が浮かばなきゃ、設計してる空間の意味が分かってないってこと。
「どういう空間が出来るのか?」なんてコンピュータでさえ出来るんだから、
「どういう情景・瞬間を創りたいのか?」を描けるように頑張って下さい。


…僕はこのテーマ曲がピアノで弾けるよう頑張ります。
スポンサーサイト




別窓 |   建築設計の教育現場 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<小次郎一人旅 「自暴自棄」編 | A.A.A. BLOG | 「モノづくり」に告ぐ。(自戒含む)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| A.A.A. BLOG |