FC2ブログ
A.A.A. BLOG
アーキテクチャ アンド アレコレ
No  107

文科系な週末

    
と言っても、この夏行こうと思ってた展覧会2つ、連日行っただけ。

土曜:「さよならナム・ジュン・パイク展」
http://www.watarium.co.jp/museumcontents.html

先日亡くなられた、ビデオアートの父の回顧展。
彼の作品には、挑み甲斐のあるパズルのようなワクワクを感じます。
禅問答をしかけられるようだけど、僕個人はそういうものがいい芸術、
あるいは、そういうものが芸術の楽しみ方だと考えています。

日曜:「光の魔術師 インゴ・マウラー展」
http://www.operacity.jp/ag/exh74/index.html

世界的照明デザイナーの作品展。
もちろん「照明デザイン」とは、器具ではなく光のデザインであり、それは
光源選び・その反射や拡散方法・それが照らすもの全ての計画です。
僕も建築で応用はやるけど、光源自体を開発しちゃうのは凄いなぁ。

----

映像が送られて意味を成すテレビ/照らす対象があって知覚される光。
それらに共通する、相対的依存性や補完的関係性。 「人」という字は…

(その後友人と会い、ナマハゲの出る居酒屋で褒められた例え↓ですが)
「何でも斬れる自信も有るが、指でつまめばペキっと折れる、研がれた刃先」
みたいな僕は、2つがぼんやり結び付き、またそんなことを思うのでした。

サッカーなら「DFあってのFW、パスが出されてのシュート」というわけで。。
また明日から一週間、仕事がんばろ☆

スポンサーサイト




別窓 |   展覧会・講演会・勉強会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Good Design Award 2006 | A.A.A. BLOG | プチ喜怒哀楽>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| A.A.A. BLOG |