FC2ブログ
A.A.A. BLOG
アーキテクチャ アンド アレコレ
No  15

建築家の責任、施主の責任

ポンピドーセンター  ポンピドーセンター

先週日曜、どちらも建築関係だけれど、対照的な二つのTV番組がありました。

一つはNHKのBSでの、著名建築家レンゾ・ピアノ氏の特集。
パリのポンピドー・センターや関西新国際空港などを設計した巨匠が、
古典とされるフィレンツェのドゥオモだって当初は革新的で、賛否両論あった。
建築家には、批判を恐れず、良いこと・新しいことを考え、挑戦する責任がある。
我々は詩人、冒険家でなければならないし、時に政治に意見しなければならない。

…といった言葉で未来への提言をし、我々に勇気と希望を与えてくれるものでした。
(写真は、学生時代バックパックで旅してたときに撮ったポンピドー・センターです。)

もう一つは有名リフォーム番組。恐らく視聴率も関心もこちらの方が高いのでしょう。
ただ、要望を満たすテクは匠の技じゃなく、建築士の普通の仕事。
それがさらに建築家を名乗るなら、その先のビジョンまで示す責務が加わります。
番組に良し悪しはありませんが、それが二つの番組が扱う職能の大きな違いです。

ところで検索サイトなどでは「法律」や「医療」と並ぶ分野が何故か「建築」ではなく、
「住宅」だったりします。(住宅は、建築家が対象とする一分野に過ぎないのに…。)

ですが、むしろ僕はこれを積極的に捉え、身近な「住宅」に向った関心が、そこから
「建築」というより大きな文化への関心へ向うきっかけになればと、考えています。
身近だからこそ住宅は最も時代を映し、文化形成に寄与するとも言えるからです。
お施主様は、そういう建築=街の一部=文化、に関る責任を負っているのです。
(南欧風?とかいう南欧にも無い家を、南欧でない日本に建てるべきかどうか…等)

まだまだ足りない研鑽を重ねつつですが、「建築家」と名乗る(扱われる)以上、
せめて僅かな知見は責務として、お伝えしていかねばと思います。

スポンサーサイト




別窓 |   展覧会・講演会・勉強会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<考えて走る。 | A.A.A. BLOG | オーディション結果報告>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| A.A.A. BLOG |