FC2ブログ
A.A.A. BLOG
アーキテクチャ アンド アレコレ
No  155

僕にはどうしようもないこと

昨日は3年間設計を教えたクラスの最後の課題、卒業制作の合否判定。
全員にやりたいことやらせたくて、膨らましたりお尻たたいたり入れ知恵したり
してきたけど、内容は別にして間に合わせてきたのが4分の1くらい。
3年も教えてきて、ここまでしか引っ張り上げられなかったかと、
自分の非力さを思い知りました。自分は何を教えてやれたのだろう?と。。

生徒たちは、やろうとしたけど出来なかったやるせなさを、
それぞれ持ち帰ったことでしょう。(そう思ってない人もいるかもしれない。)
でも僕は、やらせたかったけどやらせられなかったやるせなさを、
35人分持ち帰りました。重たかったぁ。。

2週間後の講評会でこれまでの僕の教育方針を悔いることになるかもしれない。
でもこの2週間は「僕には」どうしようもないのです。(「」の意味分かる?)


  :
今日は近所で火事。うちのマンションの消火栓から送水するほどの近所。
さすがに近すぎて表に出てみたけど、出たところで何も出来ず、
(意味が全然違うけど…)僕にはどうしようもないので、
結局いつもどおり、お米をといで炊飯器セットして、仕事に戻るのでした。
スポンサーサイト




別窓 |   展覧会・講演会・勉強会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<SAMURAI BLUE | A.A.A. BLOG | 「塀の中の生活」回顧>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| A.A.A. BLOG |