FC2ブログ
A.A.A. BLOG
アーキテクチャ アンド アレコレ
No  233

2010 欧州旅行記9(ベルギー・ブリュッセル編)

…つづき

疲れもたまったこの旅行の最終日は、現代建築より中世の建築が多い街、
ブリュッセルなので、駆けずり回ることもなくゆっくり街歩きを楽しみました。

ベルギー

<ブリュッセル>

78 79 80

81 82 83


84 85 86


78: 芸術の丘(モン・デザール)・・・
周囲に美術館の並ぶ庭園。左に見えるガラス建築はこの辺じゃ本当に珍しい。
ルーブルのピラミッドみたいに反対運動とかあったのかも。素敵でしたけど。

79:ブリュッセル中央駅(ヴィクトール・オルタ)・・・
駅舎よりカッコ良い駅前の彫刻。でもこの国では何故か全てチョコレートに見える。

80:グラン・プラス・・・
鐘楼そびえる左手は市庁舎、右手は市立博物館(王の家)、奥はギルドハウス達。
ユーゴーが最も美しい広場と称えた世界遺産。が、装飾がうるさ過ぎて落ち着かず。
ベルギービールの博物館もあったらしいが、下戸の僕は下調べすらしませんでした。

81:ギャラリー・サンテュベール…
ガラスルーフから光の降り注ぐ欧州最古のアーケードで、テラスも並び賑わう場所。
ビールとは逆にショコラティエ巡りでは、お土産選びなどなどに大変苦労しました。

82:オルタ自邸(ヴィクトール・オルタ)・・・
ブリュッセルでは散見する鋳鉄製の植物的装飾が特徴的なアール・ヌーヴォー様式。
その第一人者で市内に幾つも作品を残す巨匠の自邸。装飾過多で大苦手な建築。

83:楽器博物館(ポール・サントゥノワ)…
ガラスを多く使ったアール・ヌーヴォー。元は"Old England"ってデパートらしい。
「こんな感じで」と言われても作れないし作りたくもないが、異国文化として勉強。

84:パントーン・ホテル…
「PANTONE」ってだけでワクワクする色使い。好きな色は「PANTONE 298C」かな?
ちなみにパントンチェアの作者、Verner Pantonとは無関係だって最近知りました。

85:ホワイトホテル
セーヴェレンを始め現代ベルギーデザイナーによる家具やオブジェが配置された
ベルギー・デザインのショールームのような、この街には大変珍しい白いホテル。

86:小便小僧
世界3大がっかりの一つ。「『世界3大がっかり』を見れた」ので、がっかりはしない。
(「小便少女」も15年前出来たらしいけど『3大がっかり』ですらないのでパス。)

素朴な北欧デザインのフィンランドや、現代建築のメッカ、オランダを見た後だから
余計、後期ゴシック~バロック~アールヌーボーって装飾の大群は鼻についたけど、
ムール貝の白ワイン煮もお土産に選んだチョコも、食べ物は安くて美味しかったです。
実はアントワープ等を中心としたベルギー・モダンデザインは最近面白そうだから、
改めて訪れてみるかもしれません。その前に、行き残した北欧の他の3国かな?

2010 欧州旅行記 おわり
スポンサーサイト




別窓 |   旅先の建築・史跡から | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<“ホーム”での2試合と、小学校同窓会 | A.A.A. BLOG | 2010 欧州旅行記8(オランダ・ロッテルダム編2)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| A.A.A. BLOG |