FC2ブログ
A.A.A. BLOG
アーキテクチャ アンド アレコレ
No  298

シンポジウム「写真と建築」

写真と建築


JIAデザイン部会の企画にて、二人の全くタイプの異なる写真家二人、
元新建築社で20年、独立し今も建築写真を撮り続ける小川重雄さん、
セクシュアリティがテーマの「IN MY ROOM」で有名な鷹野隆大さんを
お招きし、シンポジウム「写真と建築」を開催しました。

動かぬ建築を正しく記録する小川氏が、厳密な構成を目指すのに対し、
日常風景を捉えた鷹野氏の写真の“都市”は、垂直ですらありません。
(「気にしない。むしろあえて無視する。」というようなお話でした。)

前者は建築(・景観)側、後者は通り過ぎる人間側に主体があるとすると、
設計を行う我々は、建築というモノ側の視点と、それを使うヒト側の視点、
常に双方の視点をオルタネイトしていることに、改めて気付かされます。

建築関係者より美術関係者の参加率が高い、盛況のシンポジウムでした。
スポンサーサイト




別窓 |   展覧会・講演会・勉強会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<息抜きに対外試合 | A.A.A. BLOG | 続:KAGUTEN 2014 南青山展>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| A.A.A. BLOG |