A.A.A. BLOG
アーキテクチャ アンド アレコレ
No  410

久々に兵庫県立美術館

加古川での、とある大切な用事のあと、せっかく関西に来たので、久々に安藤事務所時代に担当した兵庫県立美術館に寄りました。
兵県美1 エントランス 
展示エントランス1 展示エントランス2
竣工して15年経っても堂々たる佇まいは変わらぬ一方、ツタなどの緑は生い茂り建物を覆い、また近隣の高校生が気軽に立ち寄ったり、住民がジョギングを楽しんだり、満員の来館者だけでなく、周辺全体で親しまれている様子でした。
兵県美3

最後に施工者銘版を確認。建物の建設に関わった人々を、発注者・設計者・施工者問わず記した出席簿のようなもので、ひっそりと搬入口付近に飾られています。(僕は出席番号2番です。笑)
施工者銘板 205.jpg
また近々来ようという期待とともに、現地を去るのでした。
スポンサーサイト

別窓 |   旅先の建築・史跡から | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<こども園の公共プロポーザル 次点でした・・・ | A.A.A. BLOG | こども環境学会デザイン賞 受賞!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| A.A.A. BLOG |